トップページ >> 地番検索システム

地番検索システム

地番検索システムとは、土地や建物の登記簿謄本を取るときに必要になる地番を調べるブルーマップを大変便利にしたシステムのことです。

ブルーマップ自体も住居表示から地番を探すのに便利なものなのですが、普段ブルーマップに接する機会が少ない人たちからしてみれば、書かれてある事が多く複雑になっているため、自分が知りたい地番情報を探すのに苦労することがあります。

そのようなブルーマップをさらに使いやすくわかりやすくしたものが、地番検索システムと呼ばれているものです。

地番検索システムは、まだどこの法務局にも置いてあるというものではありませんが、大きな法務局では見られるようになりました。

地番検索システムは、パソコンのような画面のモニターがタッチパネルになっています。

画面上に指示が表示されますので、その指示に従って地番検索システムのタッチパネルを操作していくことになります。
自分で何かを入力したりする必要も無いので、以外と簡単に操作できます。

地番検索システムのタッチパネル操作で、住所から地番と公図番号を探し出すことができ、地番を探す時には、ブルーマップと同じように地図が画面に表示されますので、その地図を拡大や縮小表示して探していきます。

公図番号は住所を入力すると表示されますので、もっと簡単に調べることができます。

地番検索システムで調べた地番ですが、これもブルーマップで調べたときと同じように、公図を一緒に請求して、自分の調べたい地番が間違いなく該当場所であるかどうかの確認をしてください。

▲地番検索システム ページのTopへ