トップページ >法務局> 法務局のコンピュータ化

法務局のコンピュータ化

法務局は現在コンピュータ化が進められていますが、そのコンピュータ化によって何が変わるのでしょうか。

法務局に備え付けてある登記の原本は、登記簿という帳簿式になっていて紙ベースでの保管になっています。
これが法務局のコンピュータ化によって、磁気ディスクへの記録へ変わります。

以前の登記簿の時には閲覧制度があり、法務局で申請をすれば登記簿の原本を閲覧することができました。
それが法務局のコンピュータ化により磁気ディスクに変わっていっていますので、そのデータを閲覧するということはできなくなって、代わりに登記事項要約書というものが交付されることになりました。

この登記事項要約書は、その時点現在で効力のある事項だけが記載されているもので、日付とか法務局による認証文の記載はありません。

法務局のコンピュータ化によって、登記簿というものを写した登記簿謄本という言い方が変わり、登記事項証明書というものになりました。

磁気ディスクに保存してある登記事項をプリントして、それに証明印が押してあるので登記事項証明書という言い方になっていますが、今までのように登記簿謄本という言い方で登記事項証明書のことをいう場合が多いです。

登記事項証明書には、法務局がコンピュータ化されてからのことが記載してある全部事項証明書と、その時点現在において効力がある事項だけが記載されている現在事項証明書があります。

なので、法務局がコンピュータ化される以前の情報を知りたい場合は、それまでの帳簿式の登記簿に書かれているので、閉鎖登記簿謄本・抄本を申請して登記簿謄本により確認することになります。

コンピュータ化された法務局であれば、コンピュータ化されている法務局の登記簿謄本(登記事項証明書)を取得することができますので、どこの法務局でもコンピュータ化が済んでいれば問題ないのですが、閉鎖登記簿謄本・抄本はその取得したい謄本が保管されている法務局でなければ取得できませんので注意が必要です。


▲法務局のコンピュータ化 ページのTopへ