会社設立登記

会社設立登記とは、会社を設立した時には、必ず登記をしないとその会社は有効に設立されたことにならないことから行われる登記です。

具体的には会社設立登記完了後にしなければいけない様々な手続や銀行口座の開設などで、会社の登記簿謄本登記事項証明書)や会社の印鑑証明書が必要になりますし、取引先などからも登記簿謄本を要求されます。
この会社設立登記をしないと登記簿謄本は取得することができません。

会社を設立登記をするには、会社を設立しようとする発起人がいろいろな手続をすることになります。

会社の設立登記に際して決めなければいけないことに、商号、本店所在地、会社の目的、役員などがあります。
これらは登記事項でもあります。

これらを決めてから、会社の憲法とも言われる定款を作成することになります。
会社の定款に上記で決めた事柄も盛り込まれますし、そのほかの会社の根本規則が書かれる事になります。
この定款には絶対的記載事項と任意的記載事項があり、絶対的記載事項に不備があったり書いていなかったりすると公証役場での認証がされません。

定款を作成して公証役場で認証されると、資本金の払込をすませ、登記をすることになります。

会社の設立登記にあたり、定款のほかに必要な書類を作成したり、取り寄せたりすることになります。

会社設立登記には、これらの書類のほかに、会社の代表者の印鑑を登録することになりますので、その印鑑も用意する必要があります。この印鑑の登録が会社の印鑑証明書になります。
大きさの要件がありますが、印鑑屋へ行けば教えてくれます。
その時、銀行印と角印がセットになったものを勧められますが、登記に必要な印鑑は代表者の印鑑だけですので、予算と相談して最低限あればいい代表者の印鑑だけは絶対に作りましょう。

これら全てが整ったら本店を管轄する法務局で会社設立の登記をします。

最近の法務局は親切になりましたので、事前に電話や登記相談で教えてもらうこともできます。
書類などの雛形も置いてありますので、時間がある人は自分自身で会社設立登記をすることもできます。

時間がない場合は、行政書士や司法書士という専門家に代行してもらうこともできます。


自分で設立する時に便利な書類の書き方や手続方法が解説してあるマニュアルもあります。

▲会社設立登記 ページのTopへ