トップページ >登記簿謄本の取得方法> 地番を調べる 不動産登記簿

地番を調べる 不動産登記簿

地番と言うと聞きなれない言葉ですね。
住所と地番、いったい何が違うんでしょうか?

不動産の登記簿謄本を考えた場合、この地番が分からないと何も始まらないと言っても言い過ぎではないでしょう。
普段の生活の中ではほとんど使われることがない地番ですので、よく分からないと思います。

地番とは、たくさんある土地の中で、どの土地が誰のもので、どういう建物が建っているのかとか、どういう目的で使用されているのかとかを特定するために、その土地その土地ひとつひとつに付けられた、土地1筆ごとの番号のことです。

一方住所とは、主に郵便局の郵便物が間違いなく相手に届くように、郵便配達などの利便を考えて付けられて住居表示番号のことで、電柱などに目印のように貼ってあたりします。

田舎などに行くと、この地番と住所が同じになっているケースも多いですが、都会では住居表示が付けられて利便が図られていることが多いので、住所と地番が全然違っているということがあります。

先ほど土地1筆ごとに地番が付けられているといいましたが、その1筆の土地が何らかの理由で分筆された場合には、それぞれの土地に地番が付きます。
反対に、その土地と隣の土地が合わさった合筆の場合には、地番はひとつになります。

建物の所在にも地番が記載されてますが、この場合に2つ以上の土地にまたがって建物が建てられている場合には、その土地全ての地番が記載されています。

私も始めて土地の登記簿謄本を取りに法務局に行った時、地番と言うことを全く知らなかったので、普通に住所を書いて申請をしました。
そうしたら当然呼ばれて、これでは登記簿謄本は出ませんと言われました。

その地番を調べる方法ですが、一番簡単なのはその土地の登記済証、いわゆる権利証や、固定資産税評価証明書があればそこに記載してあります。

その他、各自治体の住居表示の係りに問い合わせて、新旧地番の対照簿で住居表示に対する地番を調べてもらうことができます。

法務局では、公図を利用して調べることができます。1筆の土地だと思っていたのに、3筆に分筆されていたなんてこともあるので、公図を見るとそういうことも一目瞭然です。

住居表示地番対照住宅地図という、通称ブルーマップを使って調べることもできます。

▲地番を調べる 不動産登記簿 ページのTopへ