管轄法務局の所在

管轄法務局の所在

実際に登記簿謄本を取得する時、最初にするのは管轄法務局を調べることです。

管轄法務局とは、不動産の登記簿謄本を取得する場合には、その不動産の所在地を管轄している法務局になります。

会社など法人の登記簿謄本を取得する場合には、その会社の本店の所在地を管轄する法務局です。

これは本局と言って大きな法務局が管轄している場合と、その支局、出張所が置かれている場合があります。

なので、不動産の登記簿を閲覧しようとか登記簿謄本を取得しようと考えた場合、最初にその不動産の管轄法務局を調べる必要があります。

だいたいの見当を付けて、近くの法務局へ電話をすれば丁寧に教えてくれます。

またネットでは ここhttp://houmukyoku.moj.go.jp/homu/static/kakukyoku_index.htmlで調べることもできます。

このときに注意が必要ななのは、法務局の管轄は、その事務ごとに違うと言うことです。

どういうことかというと、取扱っている業務が、不動産の登記と法人の登記で、必ずしも一致しないということなんです。

自分で調べた時に早とちりや勘違いなどをしていて、いざ法務局へ行ったら取り扱っていないということもありえますので、十分注意して調べてくださいね。

どうしても不安な場合は、電話で聞くのがいいと思います。

蛇足ですが、法務局の統廃合が進んでいるので、確かあそこにあったはずと思い込んで出かけてみると、とんでもない隣と統合されていたということもあります。

また、支局や出張所などには庁舎が古いものが多いので、立替などが行われていることもあります。そういう場合も工事期間中は近くの庁舎で一緒になっていることがありますので、思い込みではなく、調べてから出かけるほうが賢明でしょう。

▲管轄法務局の所在 ページのTopへ