トップページ >登記簿謄本の取得方法> 登記簿謄本 取得方法

登記簿謄本 取得方法

登記簿謄本の取得方法

株式会社の登記簿謄本登記事項証明書)は、まず法務局に備え付けの申請書の一番上の窓口に来られた人の欄に申請人の氏名と住所を書きます。

次に、登記簿謄本を取得したい会社の商号を記入します。ここには会社名の株式会社とか有限会社とかを略さずに正確に書きます。

その次に本店・主たる事務所の所在位置を書きます。これはその会社の登記されている本店の所在地を書き込みます。
この本店所在地と商号は間違いのないように記載しましょう。これが違っていると登記簿謄本は取得できません。

その次に、会社法人等番号を書く欄がありますが、その会社法人等番号は、分かれば書いた方がいいですが、分からない場合は書かなくても大丈夫です。この会社法人等番号が書いてあると、多少手続が早くなり登記簿謄本が少し早く出てくるといったぐらいの差があるだけですから。

ここまで書き込めばほとんどが完了です。

あとは必要な登記簿謄本の種類(現在事項証明書、履歴事項証明書、閉鎖事項証明書)にチェックを入れて、必要な謄本数を書き込めばOKです。


申請手数料は1通1000円で登記印紙で収めますが、窓口で1,000円と言われますので1,000円払えばいいです。

また、登記簿謄本、登記事項証明書は、郵送でも取得することができます。

申請書は法務局のホームページからダンロードできます。
http://www.moj.go.jp/ONLINE/COMMERCE/11-2-3.pdf

それに必要事項を記入して、申請書に必要な手数料分の登記印紙を貼って、返信用の封筒に切手を貼って同封します。
登記印紙は郵便局で手に入ります。


不動産の登記簿謄本の取得は、申請書に土地の場合はその所在・地番を記入して、建物の場合はその所在と家屋番号を記入して申請します。

地番は法務局に備え付けてあるブルーマップで住所表記とその位置から調べて書き込みます。
これがわかりにくいといえば分かりにくいですが、係りの人に聞けば教えてくれます。

申請手数料は登記簿謄本1通ごとに1000円です。

会社の謄本と同じで郵送でも取得できます。

申請書はhttp://www.moj.go.jp/MINJI/MINJI79/minji79-04-01.pdf

会社の登記簿謄本も土地建物の登記簿謄本も、どちらも管轄する法務局に郵送します。


あと注意して欲しいのは、何らかの登記の申請中の場合、その登記簿謄本(登記事項証明書)は取得できませんので注意が必要です。

登記完了後にもう一度申請してみてくださいね。

▲登記簿謄本 取得方法 ページのTopへ