トップページ >建物の登記簿謄本> マンションの広さ 床面積の計測法

マンションの広さ 床面積の計測法

マンションの広さを計測する床面積の計測法には、複数の計測方法があります。
その計測法がそれぞれの状況に応じて使われていますので、混乱してしまう可能性があります。

マンションを購入しようと考えた場合、そのマンションの広さは購入条件の中の需要な要素の一つであることは間違いないことでしょう。
その大事なマンションの広さが計測方法で変わっていることを知っていないと、後からでは困ってしまうことになりかねません。


まずは建物の登記簿謄本の一棟の建物の表題部に記載のある建物各階の床面積の計測方法ですが、この各階の床面積は壁心計算で行われています。
壁心計算は、壁の厚さの中心から測った面積です。

次に登記簿謄本の専有部分の建物の表示に記載のある床面積である各部屋ごとの床面積ですが、これ内法計算で計測されています。
内法計算は、壁の内側から測った面積です。

マンションの登記簿謄本を見るときに、階数全体の面積と各部屋の面積を比較することは少ないので、この二つの床面積の計測方法に違いがあったとしてもそれ程影響はないと考えられます。


誤解などの問題が置きやすい床面積の記載方法の違いは、不動産屋の広告で使われる床面積と、登記簿等本上の床面積との間で、計測方法の違いにより誤差があるということです。

マンション(区分所有建物)の部屋の床面積は、登記簿謄本に記載されている専有部分の建物の表示のなかですが、内法計算(壁の内側から測った面積)になっています。

この登記簿謄本に記載されている床面積に対して、不動産業者などが広告に使うマンションの部屋の床面積は、ほとんどの場合建築基準法で決められている壁の厚さの中心から測った面積である壁心計算で計測された面積になっています。

このことから登記簿謄本に記載のある床面積の広さよりも、不動産業者の広告の床面積の広さのほうが若干広くなっているということになります。

マンションの購入の場合は、当然現場のマンションを見て購入を決めますので、購入自体に影響があるということではないのですが、特別減税の住宅ローン控除などのように、その条件の中に床面積の規定がある場合もありますので、そういうときには登記簿謄本の床面積と広告の床面積にはずれがることを知っておいたほうがいいですし、条件等も精査したほうがいいでしょう。

▲マンションの広さ 床面積の計測法 ページのTopへ