トップページ >建物の登記簿謄本> 家屋番号 建物の登記簿謄本

家屋番号 建物の登記簿謄本

家屋番号とは、建物の不動産登記簿の最初に綴られている表題部というところに記載されていて、他の建物と間違えないように区別するために一つ一つの建物につけられた番号のことを家屋番号といいます。

家屋番号が記載されている登記簿謄本の表題部とは、不動産登記簿の記載事項の中の一部分の呼び名で、その不動産のある場所、種類、登記の日付、敷地面積(土地)、延べ床面積(建物)などが記されています。

不動産登記簿謄本の表題部に記載されている家屋番号とは、法務局で編纂されている公図に基づいて付けられています。

家屋番号は、ひと棟の建物が区分所有されているマンションなどの場合は、それぞれに区分された専有面積ごとに家屋番号がつけられています。

家屋番号は、ほとんどがその建物の敷地の地番と同じ番号がついています。

一筆の土地という同じ敷地のなかに複数の独立した建物がたっている場合には、その敷地の地番と同じ番号に支号が付いて表されています。
例えば法務町1番に2個の建物がある場合、法務町1番ー1、法務町1番ー2といった家屋番号になります。

二筆以上の土地という複数の敷地にまたがって一個の建物が建っている場合には、その建物が建っている敷地の床面積の多い土地の地番と同一の番号が家屋番号になります。


▲家屋番号 建物の登記簿謄本 ページのTopへ