トップページ >土地の登記簿謄本> 地積測量図とは?  法務局で取れる書類

地積測量図とは?  法務局で取れる書類

地籍測量図とは、公図が大きな地図で全体的な図面であるのに対し、個別の土地について書かれているものです。

しかし、この地積測量図は全ての土地について備えられている図面ではないため、土地によってはこの地積測量図がない場合もあります。

地積測量図が作られて法務局に備えられる場合は、その土地の表示登記がされた場合、その土地の分筆登記がされた場合、土地の地籍更正登記が行われた時です。

地積測量図は交付だけではなく、閲覧してコピーを取ることが可能です。

この地籍測量図を作成するのは表示登記の専門家である土地家屋調査士です。
なので、専門家が作成している測量図という安心感を持ちますが、地積測量図が作られたのが古い場合は、必ずしも正確な図面であるとは言いがたいので注意が必要です。
比較的新しい地積測量図は問題ありませんので、備わっている場合には公図と共に取得しておきたい書類です。

この地籍測量図が重大になる場面としては、隣との土地の境界に関して問題が発生した時です。

そのような場合、正確な地籍測量図があれば役に立ちます。
もし、備えられていない場合は、土地家屋調査士に依頼して作成することになります。


補足
昭和52年よりも以前に作られた地積測量図では、一つの土地を分ける場合に、分ける片方の土地の計測を行えば、もう一方は全体から差し引いたものでよいことになっていました。
このことにより、正確性が失われていることと、形状に関しても、測量しなかったほうの土地は、古い公図を写した(トレース)したものになっている事があります。


▲地積測量図とは?  法務局で取れる書類 ページのTopへ