不動産の登記?

不動産の登記は、その制度の概要は、該当する不動産を買ったりした時や、相続した時、さらには家を建てる時などに、銀行からお金を借りてローンをくんだ時などの抵当権を設定したりした時に、国家機関である法務局で法務局備え付けの不動産登記簿に、権利の移動や変動などを登記します。

これによって不動産に関わる権利を確実なものにすることです。

この不動産の登記制度では、不動産の権利を有するものを保護することと
取引自体が円滑に行われることと、その取引の安全性を図るための制度です。

不動産の登記簿謄本には土地の登記簿謄本建物の登記簿謄本があります。

登記簿には、土地建物の所在地・面積、所有者の住所・氏名・担保などの権利関係の現状の状況を記載します。

この登記簿は、希望すれば誰でも閲覧することができます。

また、登記簿は、誰でも登記簿謄本(登記事項証明書)や抄本の交付を申請することができます。

登記の謄本は1通1,000円の申請料が必要です。


▲不動産の登記? ページのTopへ