トップページ >土地の登記簿謄本> 所在 地番 地目 地籍 土地の登記簿謄本の表題部

所在 地番 地目 地籍 土地の登記簿謄本の表題部

所在、地番、地目は、土地の登記簿謄本の表題部に記載のある項目です。

所在とは、登記簿謄本の表題部の中でも最初に記載のある項目で、土地の存在する所を群、市、町、村などで記載がされています。
これは地番区域といって、この所在の記載されている区域を基準にして管轄の登記所(法務局)を定めています。
お気づきと思いますが、登記簿等本には都道府県名は記載されていません。

地番区域の記載は行政区画によって表記されているために、市町村合併や名称の変更などが行われるとそれに伴って以前のものの横に新しく記載されることになります。
なので、効力のなくなった以前のものには線が引かれることになります。


地番とは、土地の登記簿で所在の次に記載されている表題部の項目で、地番がその土地1筆を表している特定の符号になります。
これは所在欄に記載されている地番区域ごとに登記官が職権でつけます。
分筆が行われると枝番が付されます。


地目とは、土地の登記簿謄本の表題部に記載されていて、土地の用途目的が記載されている部分になります。
その記載には「宅地」「田」などという表記があり、全部で12種類あります。
この地目の表記は必ずしも土地の現状とは一致しないことがあります。
これを変更する場合には変更登記が必要になりますが、農地を転用する場合には許可などの手続を経ないと転用ができませんので注意が必要になります。

この地目において、過去ため池などの貯水などに関わる地目であった土地は、低地の場合が多く、水はけなどの問題を調査する必要があります。


最後に地籍ですが、これは読んで字のごとくその土地の面積を表していて、この地籍も土地の登記簿謄本の表題部に記載があります。
この地籍は、以前の数値のままのものも多く残っていて、必ずしも正確なものとは限りませんので注意が必要になります。


▲所在 地番 地目 地籍 土地の登記簿謄本の表題部 ページのTopへ