公図とは?

公図とは、不動産の登記簿ではその土地の面積、地目、所有者、担保権者などの情報は知ることができますが、土地の実際のかたちや、隣の土地あるいは道路とどのように接しているかなどの情報は分かりませんので、土地の形や位置関係などを図面にしたものが公図です。

法務局には正確に測量した地図を備えることになっていますが(不動産登記法17条にで規定されているので17条地図という)、この整備が遅れているため17条地図のない地域があります。
これでは困るので、「地図に準ずる図面」を備えることとし、その地図に準ずる図面のことを公図といいます。
これらの地図の両方を公図という場合と、法務局備え付けの地図の両方を公図という場合があります。一般的には後者での意味の公図と言われることが多いです。

公図は閲覧してその該当箇所をコピーをとることが以前は行われていましたが、その頃は公図の閲覧が無料でしたので、コピー代だけで済んだことからでした。
今は公図の閲覧も公図の写しも同じ500円が必要なので、写しを請求することが多くなってます。

この公図ですが、法務局に備え付けられていることはもちろんですが、市役所等の役場でも閲覧、写しの請求ができます。

役場の税務課というところで備え付けられています。これは、固定資産税等の税金の徴収を目的として備え付けられているものです。
法務局と役場とでは、この公図の写しの請求に係る手数料に違いがあり、役場の方が若干やすいケースが多いです。

通常は、法務局へ土地・建物の登記簿謄本を取得しに行った時に、ブルーマップで調べた地番を元に、登記簿謄本と公図を請求することが、手間などを考えた場合スムーズですね。

▲公図とは? ページのTopへ