トップページ >土地の登記簿謄本> ブルーマップで地番を調べる

ブルーマップで地番を調べる

ブルーマップとは正式名称を「住居表示地番対照住宅地図」といいます。

このブルーマップは、公図住宅地図を重ね合わせて表示したような地図です。
公図には目的の土地を見つけるための目印が書いてありません。ただ線が引いて区画されていて、そこの地番が書いてあるだけです。
はっきり言ってなれない人が見ると、道路なのか宅地なのか畑なのかさっぱり分からないでしょう。

その公図に地番が書いてあるのですが、上記のように目的の土地の地番を探すのは非常に難しいですので、その公図に住宅地図を重ね合わせてわかり易く簡単に地番を探せるようにしてあるのがブルーマップです。

法務局に登記簿謄本の取得に行くと、申請書が置いてあるところの近くに、必ずブルーマップがありますので、そのブルーマップで地番を確認して、その地番で登記簿謄本を請求します。

ブルーマップには住居表示が黒字で書いてあり、地番と公図番号が青字で書いてあります。

これで地番が確認できたので、登記簿謄本を取ることができます。

しかし、このブルーマップですが、公図と住宅地図を無理やり合わせていますので、どうしてもずれているところがありますので、ブルーマップで確認した地番は、必ず公図でもう一度確認することをおすすめします。
なので、土地の登記簿謄本を取得した場合は、該当する公図も一緒に取得して地番、場所の確認をすることがいいと思います。

登記簿謄本、公図共に1,000円手数料が必要です。

仮に、地番を間違えて請求してしまった場合、事情を話せば取り替えてくれはずです(これは全ての法務局で確認したわけではないので絶対に替えてくれるとは言えません)。

初めて法務局に行くと、申請書にそのまま住所表示を書いて申請してしまうことがあります、その場合も、係りの人がブルーマップで地番を調べるように指示しますので、その通りに調べて書き直せばいいです。

ちなみに、昔の法務局は何とも愛想のない役所で、そういうことを親切に教えてくれるということがありませんでした。
今では考えられませんが、「それ!」ってあごで指されてどうしていいかわからないということが普通に行われている役所でしたから。

▲ブルーマップで地番を調べる ページのTopへ