トップページ >登記簿の雑学> 登記事項証明書

登記事項証明書

登記事項証明書とは、法務局コンピュータ化されたことによって、それまで登記簿という台帳から該当箇所を写して登記簿謄本と言っていたものを、コンピュータ化によって台帳がなくなりデータに移行したため、謄本という概念がなくなり単にデータを印刷したものになったので、その印刷物に法務局が証明をしたものなので登記事項証明書と言われています。

具体的には登記とは、登記の申請書に別紙として登記する事項を書いた登記用紙を添付して行っていました。
その登記用紙を台帳として閉じたものを登記簿といいます。その登記簿に書かれた内容をそのまま写したものが登記簿謄本です。

それが法務局コンピュータ化されて今まで登記簿として台帳に綴じていたものを、データとして取り扱うようになり、今までの登記簿を写すという登記簿謄本とは実態が合わないものになりました。

そこで登記簿謄本に代わるものとして、コンピュータ化されたデータを、間違いのない登記事項であると法務局が証明したものを登記事項証明書といい、登記簿謄本の新しいスタイルになりました。。

法務局がコンピュータ化される前の登記簿で管理されていた時には、登記簿を閲覧するという制度が認められていて、係員などの立会いの下で登記簿を閲覧できました。

しかし、登記簿というものが無くなってしまった今では、登記簿の閲覧という制度がなくなってしまって、登記事項要約書というものが交付されることになりました。

この登記事項要約書は登記事項証明書と同じ内容のものですが、証明印がなく、公的に証明されていり書類としては扱われません。
あくまで、登記事項の内容を確認するためのものというものになります。

登記事項証明書には、現在事項証明書、履歴事項証明書、閉鎖事項証明書があります。

▲登記事項証明書 ページのTopへ